2010/3/30
なんだかんだ言って仕事。
案の定、Epistemic Culturesはなかなか読むのが大変・・・。
やたら長いと思ったら、1章で32ページはこの本で最長だった(第7章)。

ドイツ語の授業が今日からだということに今朝気付いだのだが、
幸い今日から参加できた。意外と新しい人が増えていたのでまた頑張ろう。

銀行口座の残高がおかしいことになっていると思ったら、
学振の4・5月分給与がPDの金額で振り込まれていた。
満期退学すると一応は連絡したのだからDCの金額にしてくれればよいのに・・・。
これで後で返金するのは事務方にとっても面倒だと思うのだが。
あと学振と言えば、年次の研究報告とは別に科研費の報告を出さないといけないようだ。
まだ一年目の終わりなので勝手のよくわからないことがいろいろある。


--------

身分上、明日は「学生」最後の日。
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-30 23:56 | 歳歳年年
<< 2010/3/31 2010/3/29 >>

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル