2010/4/15
・図書室に行こうと思った日に限って月に1度の休室日だったりするわけです。

・リレー講義の聴講。今日の担当の方はだいぶ慣れているようで上手だった。
 Nさんも言っていたが、これだけ細かい内容なのにわかりやすくできることに驚く。
 もっとも中・高の日本史の知識を前提できるから、という説もあるが。
 科学史の場合(しかもそれを文学部でやるという場合)、どこに引っ掛けるかがまず難しい。

・引き続きいろいろと併読中。
[PR]
by ariga_phs | 2010-04-15 23:54 | 歳歳年年
<< 2010/4/16 2010/4/14 >>

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル