2010/4/16
文学研究科の学術雑誌閲覧室を初めて訪れた。
(だいぶ前に雑誌類はすべてこちらに移転していたのだけれど、
今まではすべて電子ジャーナルで用が済んでいたので。)
場所は不便だが、ここの小さな閲覧室は案外穴場なんでは。

研究室のセミナー、Rさんの発表。
門外漢の印象でしかないが、内容も悪くなかったしプレゼンの仕方もよかった。
テクニカルな部分を省いて重要なポイントだけ解説してくれたので
どういう話なのかは理解できた(と思う)。

引き続き雑食的にいろいろ読む。


----

長谷川等伯とルノワールを観に行きたい。
[PR]
by ariga_phs | 2010-04-16 20:47 | 歳歳年年
<< 2010/4/17 2010/4/15 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル