2010/4/17
午前、論文を一つ読む。もっと早く読んでいるべき内容だった・・・。

午後、La science contre l'opinion 読書会の第一回。
MさんとTさんと三人で、内容に触れつつあれこれと談義。
こういうやり方もありだな、と思う。
「議論した記録を残しておくとよいかも」というのは確かにその通りかも。

古本屋に寄ったら、目下図書館で借りて読んでいる本(絶版)が出ていて買う。
ネットの古本屋では6,000円が底値のところ、1,800円。これは満足。

某カフェで仕事をしていたら、偶然Mさん(上とは別人)が来店。
某プロジェクトの打ち合わせだそうで、相手のMさん(これもまた別人)をご紹介いただく。
そのプロジェクトについては以前にMさんから聞いていたので、
ちょうどいい機会といって原稿を見せてもらった。世の中狭い。

明日は本腰を入れて書類を書こう。
[PR]
by ariga_phs | 2010-04-17 22:23 | 歳歳年年
<< 2010/4/18 2010/4/16 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル