2010/4/26
朝、やたらと早く起きてしまったので一日が長かった。

書類をひととおり書き終わったので送る。しばらくはコメント待ち。

3限、ガリレオ。
望遠鏡の技術的制約と革新というのは言われてみれば当たり前だが
案外指摘されないポイントなのではないか。

そのあと、一つ論文を読む。
四半世紀前に書かれた問題提起だが、今でも状況はあまり変わっていないように感じた。
まあ、この業界ではよくあることだけれど。

夕方、科学論入門勉強会の初回。意外に人がたくさん来ていて驚く。
テキストはどうやらSismondoになりそうだ。


----

日記を書くの忘れてました、どうもすみません。(4/27記)
[PR]
by ariga_phs | 2010-04-26 23:59 | 歳歳年年
<< 2010/4/27 2010/4/25 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル