2010/4/30
研究室セミナーはSさんの発表。
この前の紀要論文の話と、アメリカのアーカイヴ調査について。
断片的に聞いていたことから想像していた以上に凄かった。
何度聞いても思うことだが、あれは絶対に真似できない。
あと、今後の方向性についても少しだけ話があったが、
いいところに目を付けられたな、と感じた。
・・・こちらも頑張らなくては。

夜、研究室の新歓。例年なら4月中旬だが今年は遅くなった。
3回生5人のうち1人が来ていなかったのが残念だが、
ほかの四人とは一通り話をする。
皆おとなしめだが、それぞれになかなか個性的と思う。
あと、研究員のBartonさん(フランス人)ともようやくまともに喋った。
親しみやすくて面白い人だ。

珍しく3次会の途中まで参加。
まあ、たまにはそんな日も。
[PR]
by ariga_phs | 2010-04-30 23:59 | 歳歳年年
<< 2010/5/1-5 2010/4/29 >>

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル