2010/5/6
T大よりSさん来訪。Iさんと三人で昼食をとりながらいろいろと喋る。
どうやら僕の認識はだいたい間違っていないらしい、ということがわかって安心した。
それにつけても、今度の科学史学会で関係者のシンポジウム
(というかワークショップといったほうがたぶん適切だろう)
が3つ同じ時間帯というのはいったいどうすればよいものか・・・。


----

関係ないですが、Shapinの論文集が出る(出た)みたいですね。
http://www.amazon.co.jp/dp/0801894212/

このブログを見ているような関係者ならとっくに知ってそうな気もしますが、一応。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-06 22:38 | 歳歳年年
<< 2010/5/7 2010/5/1-5 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル