2010/5/16
パワーポイント作りを中断して、昨日見つけた文献を読む。
幸い致命傷にはならなかったが、若干表現は変えたほうがよさそう。
とにかく発見できてよかった・・・。

夕方、科学論勉強会。Epistemic Cultures読了。なんだかんだでわりと面白かった。
この本で分析している2つのラボの話がほかの分野にもどの程度当てはまるのかどうか、
ということと、ここで記述されているような様式がいつ頃からどのように出現したのか、
というのが気になる。
それと一般論として、科学の disunification についてはもう少し勉強する必要がありそうだ。

書類を提出に備えて印刷したあとで、誤植に気付いて凹む。直してもう一度印刷し直し。
たぶん準備はできたので、後はこれを持って明日の夜行で東京に行けばよし。
しかしその前に明日の授業に出るための資料を読んでおかねば・・・。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-16 21:18 | 歳歳年年
<< 2010/5/17 2010/5/15 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル