2010/5/19
朝に東京から戻ってきて帰宅、午前中はそのまま家で仕事。

午後、ラグランジュを読む読書会。
フランス語勉強のため参加しているIさんの質問が懐かしい。
そうそう、始めた頃は確かにそういうことがわからなかったなあ、と・・・。
今だと "en sorte que" なのが当時だと "ensorte que" になっていて、
知らずに辞書を引いてもわからないというのがその典型。

夕方、全然関係ないが、フォントネルの『世界の複数性についての対話』を読んだ。
コペルニクス+デカルトの宇宙論を題材にした科学啓蒙書の走りだが、
なるほど、ベストセラーになったというのも分からないではない。確かに面白い。
しかも改版のたびに新しい研究成果を取り入れたり数値をアップデートしたりと、
意外とやっていることが細かくて感心する。

発表用パワポは、あと参考文献が途中。
しかしさすがにちょっと疲れたので今日はもう休みます・・・。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-19 23:43 | 歳歳年年
<< 2010/5/20 2010/5/17 >>

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル