2010/6/29-30
1.依頼原稿をなんとか書いた。
例によって全然満足がいかないのだが、最低限の仕事はした、と思いたい。

 題材:ス・グラーフェサンデ(←今後この表記でいこうと思う)の実験と活力論争
 想定読者:高校の理科(特に物理)の先生

なお、発行は9月ということだが、一般に読めるのがいつになるのかは不明
(そのうちウェブサイトでも公開されるらしいのだが)。
またお知らせします。

2.ダントー『物語としての歴史:歴史の分析哲学』を読了。
どうだろう、大学院に入った頃に読んでいたらこっちを志した可能性もありそうだ(!)

面白いと思う点は大きく二つあって、ひとつは時間と言語の関係。
特に、時制を持つ文をどう考えたらよいか、という問題の考察と、
出来事をすべて書き並べたものが歴史になりうるかどうかを言語の問題として
分析するくだりが非常にスリリング。

もうひとつはこの本の主題である「物語文」と、それに基づくいわば歴史の理論。
率直に言ってこの本は僕が漠然と思っていることにかなり的確な言語表現を与えていると思う。
そうすると逆に、自分のやっていること(論文なり発表なり)が適切なものになっているかどうか
ある程度これに照らしてチェックできるのではないか、という印象を持った。
そこで過去に行ったあれこれを想い起こして見ると・・・、
・・・うん、なんだかどれもいまひとつな気が(汗)
ここはひとつ、「セオリー通り」のようなことを試しにやってみてもいいのかもしれない。

それでさっそくというか、7月は2つ話をする機会がある。

12日は数理物理系の研究集会(@数理解析研究所)。
I先生ともども、ゲストスピーカーとして呼んでいただいた。大変有難いことだ。
「黎明期の変分力学:オイラーからラグランジュへ」というタイトルで話す予定。
力学の理論史的な話をするのは実に久しぶり。
この機会に、最小作用の原理の話を「わかりやすく」総括したい。

24日はSTSNJの関西定例会。
まだ完全には固まっていないが、いまのところ、
「18世紀ヨーロッパにおける科学と公衆(と数学)」をどう見るか、
について私見(というか悩み)を述べてみたいと思っている。

相変わらず忙しいわけだが、やっていることは無駄ではないと思うので頑張ろう。

・・・しかし今日明日は片付けと掃除をしたい、です。。
[PR]
by ariga_phs | 2010-06-30 21:57 | 歳歳年年
<< 2010/7/2 2010/6/25-28 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル