2010/11/2-11/3
本当はいろいろ聴きに行きたかったのだが、断念して論文の続き・・・。

ラグランジュのやっている議論を紹介しようと思ったら、どうも変だということに気付いた。
表記を現代的なもので置き換えたところに問題があるのかと思ったが、どう考えてもおかしい、
ので散々悩んだ結果、これは原文の式自体が書き間違いだという結論に至る
(間違っているのはその式だけで、あとの議論はたぶん正しいのだが)。
が、著作集で何か訂正なり注なりがついているわけでもなく、
いくつか先行研究を見ても誰もそれを指摘していない(間違った式がそのまま書いてある)。
数学関係で一番厄介なのがこういう事態で、というのは
自分が間違っているのか本当に原文がおかしいのか、簡単に判断がつかないから。
しかし今回について言えば、これは皆(ラグランジュ含め)誤っている、と言ってよさそうに思う。
・・・と、3時間近く格闘した末の結論。

あともう少し。

どう言えばよいかよくわからないのだが、これを書き上げたら自分は先に行ける気がする。
[PR]
by ariga_phs | 2010-11-03 23:59 | 歳歳年年
<< 2010/11/5-7 2010/11/1 >>


Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル