2010/11/23
ここ数日はそれほど予定はなかったのに妙に忙しい。することが多い。
しかしようやく今日でいろいろなことが片付いた。

・日曜はKohler読書会だった。
今回の章と残り2章は生物学史的に重要な話の模様。
読書会は何を読むかもさることながら、どういうメンバーで読むかに大きく依存する、と思う。

・そういえば最近届いた『科学史通信』(科学史学会の会報)に載っていた「力学」の話だが、
自分が知っている以上の情報は特になかったので正直ちょっと安心した。
半年くらい前(?)に告知されたときから楽しみにしてはいたので残念といえば残念なのだが。

明日明後日はセミナーの準備に集中しないと。
読んでいるテクストもまだあとちょっと残っているし(!)


--------

ところで、

来年度の身分と所属先はどうなるかまだわかりませんが、
いずれにせよ東京の人になることはほぼ確実になりました。

詳細はまた時期が来たときに。
[PR]
by ariga_phs | 2010-11-23 23:49 | 歳歳年年
<< 2010/11/26 2010/11/18 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル