2010/12/25
高校友人(男)の結婚式のため、0泊2日で東京へ。
寒かったが天気はよかったし、披露宴・二次会とも素晴らしい会だった。
ご多幸を祈ります。


--------

これまで研究職志望でやってきた別の友人(工学系)は、高専に就職することになったそうだ。
当人はあまり本意ではないようだが、何かしら関連する分野で正規の職につけるという意味では、
とてもめでたいことだと思う。
・・・これで、高校の友人関係でまだ働いていないのはとうとう自分だけか。

式の二次会に行ったら、大学のサークル関係の先輩がいた。
新郎の会社同期になるそうだ(年齢はもっと上だが)。
この人にはもう、会うこともないだろうと思っていたのに。
世間は狭い。
[PR]
by ariga_phs | 2010-12-25 23:59 | 歳歳年年
<< 2010/12/26-28 2010/10/22-23 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル