田中「PTR設立の背景」
田中浩朗「帝国物理技術研究所設立期におけるドイツ物理学の制度的問題」
『科学史・科学哲学』第9号 [n.d.], 1-11頁

帝国物理技術研究所 Physikalisch-Technische Reichsanstalt (PTR, 1887年設立)の設立背景について。ジーメンスやヘルムホルツなどの設立推進者が何を訴えたか、その時代背景は何か、を検討している。




結論として、当時のドイツの物理学をめぐる問題の根本は「物理学研究を職務とする科学者がいないこと」だったとされている。なかなか興味深い。

意外とアクチュアルな論点をいろいろと含んでいるかもしれない。PTR設立時に何が訴えられたかということを、たとえば18世紀のアカデミーの場合(隠岐さんの本)と比べてみると面白そうだ。
[PR]
by ariga_phs | 2012-01-06 19:20 | 何かに使えそう
<< 樺山紘一『西洋学事始』 西尾「プランク『熱輻射論』解説」 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル