天秤のもう一方
一方には、研究やら授業の準備やら請負業務やらといった科学史があって、
別の一方にはそろそろ二ヶ月になろうかという同居生活があって。

それらには何の不満もない、
のではあるけれど。

もう一方がないと、どうもうまくバランスがとれないのであるらしい。

気付けばブログも綴ってないし、小説もほとんど読んでないし、
美術展も見に行ってないし、歌もさっぱり歌わなくなってしまったし。

・・・カンを取り戻すにはしばらくかかりそうだ。



a0097088_23191959.jpg


吸い込まれゆく22時。
[PR]
by ariga_phs | 2012-06-11 23:23 | 歳歳年年
<< 割り切れない話 運用方針変更のお知らせ >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル