2009/11/30
結局、疲れきって昼まで寝た。幸い、体調そのものは悪くなさそう。

3限、今日の話は『標準の哲学』を中心に、技術と技術者文化の話をあれこれと。
覚書:
・万博と技術者文化
・技術の機械化と工場化の違い

その後は用事がなく、博論の資格申請書を書くつもりだったのだが、どうも身が入らない。
パソコンの前に向かってはいるものの文章の進みが鈍い。
けれども今日のうちにある程度片付けてしまわなくては・・・。
[PR]
by ariga_phs | 2009-11-30 20:28 | 歳歳年年
<< 2009/12/1 2009/11/27 >>

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル