2009/12/5
ある意味、昨日の続き。
[※詳細は後日まとめて書きます。]




ゲストを連れて京都を案内する。
と言っても諸々の事情で時間はわずかしかなく、
およそ京都らしいところを回ることがほとんどできなかった。
(食事を除けば実質的に2~3時間しかなかった!)

メンバーは、今回のワークショップに来日していた韓国人お二人
(そのうちの片方が、二年前にソウルを案内してもらった人)
にKさんと僕を加えた四人。
結果的にはKさんに来てもらえたおかげで非常に助かったのだが、しかし

 韓国語のわからない男一人+韓国語をしゃべる女性三人

って・・・。なんというか、その。。。

・・・えーと、話を戻してどこに行ってきたかというと、
ゲストのうち一人が立命館の国際平和ミュージアムを観てみたいというので
行ってきたのと、そこから一番近い観光地ということで金閣寺に。
本当は竜安寺も行こうと思っていたが、さすがに行動開始が3時では二つが限界。
お二人にはぜひ、改めて京都観光にお越しいただきたい。
ただそうはいっても、この限られた時間内ではそれなりによい体験ができた、
と少なくとも僕の方ではそう思っている。

夕食をとってゲストを見送った後、最後のタイミングで合流したSさんと飲む。
ちょっといろいろと喋りすぎた(?)かもしれないが、美味かったし楽しかったのでよし。



しかし昨日・今日は一つの転機だった気がしますね、真面目な話。



--------

ともかく、明日は久しぶりにゆっくりできそうだ。
[PR]
by ariga_phs | 2009-12-05 23:59 | 歳歳年年
<< 2009/12/6 2009/12/4 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル