2009/12/30
これから帰省なので年内最後の投稿を。

今年最初に書いた「抱負」を見返したら、
「1.英語で論文を書く」
「2.書評を積極的に書く」
となっていた。二つとも、残念ながら達成できていない・・・。来年に持ち越しだ。

しかしそれとは別のところで、進展したことはいろいろとある。
特に今年は、一見すると博論の本題とは関係なさそうだがどうも気になる、という事柄を
いくつか意識的に追いかけていたのだが、結果的にこれがよかった。
自分が何にこだわっているのかが、だいぶ自覚されてきた。
(これが見えてきたから博論の構成もほぼ固まったわけだ。)

いつものことながら、得たものも失ったものも多々あった一年だった。
が、トータルでは、ここ何年もの収支を合計でプラスにしてさらにお釣りがくると思う。
これで得た貯金を、来年はさらなる投資に回したい。

よいお年を。
[PR]
by ariga_phs | 2009-12-30 14:05 | 歳歳年年
<< 2010/1/1-1/4 2009/12/29 >>

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル