2010/2/16
午後(むしろ夕方か)、研究室のレイアウト変更に関する会議。
まったく、相変わらず心労の多い会議だ。
しかしそんなことでいちいち腹を立てたり心を煩わされていては何もできないし、
第一自分にとって何の徳にもならない。

というわけで、それはそれとして、発表準備の続きをする。
夜のドイツ語の授業の後、一度通して発表練習をしてみてから、
余分な話を削り、うまく通らない点を修正し、必要なスライドを追加。
思考錯誤を繰り返してようやく完成を見たのは、もう朝に近い4時過ぎのこと。
明日(日付的には今日)の予行演習を13時半からに設定したのは失敗だったか。。

なお、明日の夜は研究室の予餞会。
[PR]
by ariga_phs | 2010-02-16 23:59 | 歳歳年年
<< 2010/2/17 2010/2/15 >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル