カテゴリ:何かに使えそう( 46 )

奥村「日本におけるフランス科学認識論」(2011)
奥村大介「日本におけるフランス科学認識論:脱領域の知性のために」
『哲学』(慶應義塾大学三田哲学会)第126集(2011年)、1-30頁。

More
[PR]
by ariga_phs | 2011-04-25 21:16 | 何かに使えそう

横山「近代力学成立史」(1972)
横山雅彦「展望:近代力学成立史」
『科学史研究』第11巻(1972年)、193-201頁。

More
[PR]
by ariga_phs | 2011-04-24 18:52 | 何かに使えそう

村上「科学史の哲学」(1980)
村上陽一郎「科学史の哲学」
同編『科学史の哲学』(東京:朝倉書店、1980)、1-42頁。

More
[PR]
by ariga_phs | 2011-04-24 10:24 | 何かに使えそう

住田「疫学的因果関係論」(2011)
住田朋久「四大公害裁判期における疫学的因果関係論 1967-1973」
『哲学・科学史論叢』第13号(2011年)、45-73頁。
http://hdl.handle.net/2261/43562

More
[PR]
by ariga_phs | 2011-04-17 22:42 | 何かに使えそう

「新しいベイコン像を求めて」(2011)
「新しいベイコン像を求めて:神学、寓話解釈、物質理論」
『科学史研究』第50巻(2011年)、9-42頁。

More
[PR]
by ariga_phs | 2011-04-16 22:22 | 何かに使えそう

今井「ギリシア医学 批判と論争」(2010)
今井正浩「ギリシア医学における批判と論争」
金森修編著『科学思想史』(東京:勁草書房、2010年)、433-501頁。

More
[PR]
by ariga_phs | 2011-04-15 10:52 | 何かに使えそう

山内「占星術批判の系譜」(2010)
山内志朗「中世における占星術批判の系譜」
金森修編著『科学思想史』(東京:勁草書房、2010年)、371-431頁。

More
[PR]
by ariga_phs | 2011-04-15 10:52 | 何かに使えそう

小野田「慣性の相対性とマッハ原理」(2011)
小野田波里「慣性の相対性とマッハ原理:
一般相対性理論の形成過程をめぐって」
『科学哲学科学史研究』第5巻(2011年)21-49頁。

More
[PR]
by ariga_phs | 2011-03-06 12:23 | 何かに使えそう

本間「デカルト派生理学と図像表象」(2010)
本間栄男「デカルト派生理学と図像表象」
金森修編著『科学思想史』(東京:勁草書房、2010)、325-369頁。

More
[PR]
by ariga_phs | 2011-03-04 21:15 | 何かに使えそう

吉本「ボイルの化学」(2010)
吉本秀之「ロバート・ボイルの化学:元素・原質と化学的粒子」
金森修編著『科学思想史』(東京:勁草書房、2010)、255-323頁。

More
[PR]
by ariga_phs | 2011-03-02 21:52 | 何かに使えそう

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル