カテゴリ:information( 17 )

新サイト開設
これまでのサイトを発展的に引き継ぐ形で、ウェブサイトを新設しました。
まだ作業の途中ですが、ひとまず公開できる状況になりましたのでお知らせします。
右のリンク「ウェブサイト」からご覧いただけます。
[PR]
by ariga_phs | 2011-04-06 23:59 | information

京大理学研究科(物理)での講演
明日3月9日(水)に、
京都大学理学研究科(物理)のGCOEセミナーで、
講演を行う予定です。

「ラグランジュ『解析力学』を読み直す」と題し、
18世紀の力学について一般(理系)向けにお話しします。
詳しくは次のウェブサイトをご覧ください。

http://www.scphys.kyoto-u.ac.jp/gcoe/Announcements/Seminar/seminar2010.html#Ariga
[PR]
by ariga_phs | 2011-03-08 16:55 | information

籠る
駒場の人たちとの昼食のあと、夜までほぼずっと、籠っていたのだった。

どこに?
[PR]
by ariga_phs | 2011-02-04 23:59 | information

ブログが新しくなりました
2011年1月より、ブログが新しくなりました。

どう変わった?
[PR]
by ariga_phs | 2011-01-14 23:59 | information

前口上
【このブログについて】(この記事は常に一番上に表示されます)

詳細はこちら
[PR]
by ariga_phs | 2010-10-19 00:00 | information

記事の公開について
次の記事が公開されましたので、お知らせします。

「科学史から何を学ぶか:ス・グラーフェサンデの実験を例に」
『サイエンスネット』第38号(数研出版、2010年9月)、14-15頁
http://www.chart.co.jp/subject/rika/rika_scnet.htm

※数研出版(株)の発行する、高校の理科の先生向け小冊子です。
[PR]
by ariga_phs | 2010-09-05 19:30 | information

お知らせ:『ミドルワールド』書評
『図書新聞』2958号(2010年3月20日)に、

マーク・ホウ著,三井恵津子訳
『ミドルワールド:動き続ける物質と生命の起原』
(紀伊國屋書店,2009年)

の書評が掲載されました。
同紙への書評の掲載は今回が初めてとなります。

図書新聞のサイト:
http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/
※書評の閲覧ができるのは購読契約者のみです。
全国の一部の書店でも販売されています。
http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/bookstore.php



なお、まったくの偶然ですが、同じ号に伊勢田准教授
(私の所属する研究室の科学哲学の教官)による
ロイ・バスカー『科学と実在論』(法政大学出版局)の書評が掲載されています。
関心のある方はどうぞ併せてお読みください。
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-13 22:59 | information

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル