<   2010年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2010/3/31
学生最後の日は半分以上休日になった。
近代美術館に出かけて、そのあと友人とお茶。

夜、ウェブサイトの更新。いつものことだが、やり始めるとだいぶ時間がかかる。
今年はよい機会なので『教育』のページをもう少しまじめに作ろうと思う。

ところでついさっき気が付いたのだが、今年度書いた二つの論文に、
本来書くべきと思われる科研費のクレジットを入れていなかった・・・。
特別研究員制度と科研費(奨励費)が別のシステムで動いているのは混乱のもとなのでは、
と心底思う今日この頃です
(特別研究員であることを明記すること、という規定のほうは守っているので)。
しかし書き忘れたものはもはやどうしようもないですよね・・・。


--------

ともかく明日から新生活です。
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-31 23:59 | 歳歳年年

2010/3/30
なんだかんだ言って仕事。
案の定、Epistemic Culturesはなかなか読むのが大変・・・。
やたら長いと思ったら、1章で32ページはこの本で最長だった(第7章)。

ドイツ語の授業が今日からだということに今朝気付いだのだが、
幸い今日から参加できた。意外と新しい人が増えていたのでまた頑張ろう。

銀行口座の残高がおかしいことになっていると思ったら、
学振の4・5月分給与がPDの金額で振り込まれていた。
満期退学すると一応は連絡したのだからDCの金額にしてくれればよいのに・・・。
これで後で返金するのは事務方にとっても面倒だと思うのだが。
あと学振と言えば、年次の研究報告とは別に科研費の報告を出さないといけないようだ。
まだ一年目の終わりなので勝手のよくわからないことがいろいろある。


--------

身分上、明日は「学生」最後の日。
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-30 23:56 | 歳歳年年

2010/3/29
論文と学会発表要旨を郵送。
もうこれ以上はどう書き直そうにも無理(現状では)、と思う。
ともかくこれでようやく3月中の仕事は片付いた。やれやれ・・・。



・・・で、さしあたって次にしなければならないことは。
・4月から身分が変わるので、それに伴う諸手続
・学振の研究報告書
・書評1つ
・勉強会関連
・プリンタ

まずはそれだけか?(本当か?)
だったら本業と関係ない本をいろいろ読みたいのだけれど。



しかしそれ以前にまず机周りその他を片付けるべきでは・・・
(いつも同じこと言ってる気がしますね。。)
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-29 21:03 | 歳歳年年

2010/3/28
「模擬授業検討会」にて、一昨日「講義」した話をする。
もう少し起伏をつけられるような演出がほしい、のはその通り。
楽しんでもらうことと授業をすることは同じでないというのもまったく同感だが
(と言うかむしろ今日はそこのところを考えてみたかったのだが)
具体的にどうすればよいのかはなかなか見えない。
あと、同じ話をしているのに文系と理系で聴き方が違ってくることを再確認した。

けれどもたぶんこの研究会で話をすることの最大のポイントは、
結局自分は科学史で何を伝えたいのかが正面から問われるということだ。
ここ数カ月、そういう問題に対する自分の気持ちはだいぶ自分でわかってきたのだが、
そういう大きな関心の持ち方と目下研究している個々のテーマとは
必ずしもぴったりと重なってくれない。
それが現在のモチベーション低下の主要な原因と思う。

・・・。

・・・。

・・・気持ちを切り替えて論文を書かねば。
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-28 19:37 | 歳歳年年

2010/3/27
論文の書き直し作業。。。

なんだかここに来て自信とモチベーションが急低下している。
・・・いや、それでも何とか書き直して出すけれど。



明日は別件の研究会。頭を切り替えないと。
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-27 23:59 | 歳歳年年

2010/3/26
夜、こちら↓にて「講義」本番。
http://loki-academica.com/
※なるべく一般のお客さんが入れるように、身内にはほとんど宣伝しませんでした。

みなさんそれぞれの楽しみ方をしていただけたようでよかった。
こちらも楽しかったので、終了後も長時間滞在してお話をしてきた。
満足です。


なお、昼間は論文の書き直し作業。
帰宅後ももうちょっと作業。。
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-26 23:59 | 歳歳年年

2010/3/25
とても満足な休暇を過ごして帰宅。
そしてすぐさま仕事に戻る。

「講義」スライドを少し調整して、これはもう完成ということでよさそう。
あとは明日の本番を待つのみ。

論文の書き直し作業。アドバイスを受けてまず序文から直す。
ずいぶんとすっきりしたような印象。今のところは比較的順調。

頑張ろう。


--------

日曜日に京大で、
「実学資料研究会2010年度大会・洋学史学会3月例会京都・合同研究大会」
があるらしい。とても面白そう。
しかしこの日は(実質的に僕の主宰の)別の会があって回避できない・・・
もっと早く教えてくれたら日程を調整したのに(涙)
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-25 23:59 | 歳歳年年

2010/3/23
満期退学に伴う、博士後期課程の「学修証書」を受領。
喜ぶべきなのか・・・まあ、きっと喜ぶべきだな。

「講義」スライドを完成させて、一度リハーサル。
分量・内容は悪くなさそうだが、もっとめりはりが必要だ。
説明はもっと短縮して、逆に余談を増やしたほうがよい。


--------

明日(というかこれを投稿する時点では今日)は休暇に出かけます。
卒業旅行ならぬ退学旅行? まあ、温泉で1泊するだけですけど。。
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-23 23:59 | 歳歳年年

2010/3/22
Sさん・Oさんとの飲み会。
今月はやたらと忙しいのに、飲み会も(そして出費も)やたらと多い。
ただ楽しかったことは事実で、ついついたくさん呑んでしまった・・・。
普段あまりしない話その他もいろいろとしてしまったような。。

昼間は「講義」の準備をしていたが、まだ終わらない。
是が非でも明日で片を付けなければ。
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-22 23:59 | 歳歳年年

2010/3/21
「講義」まであと5日。
何を喋るかは固まったが、当日のプレゼンの用意がまだ終わらない。
あと、まったく未知の形式なので時間が読めないのが不安材料。

ラグランジュの論文の件、それを扱っている論文を一つ確認してみたが
僕が疑問に思う式変形については何のコメントもない。
とりあえずこの点は脇に置いて、学会発表の要旨を一通り書く。

Westfallはあと一章。


--------

昨夜投稿したつもりの日記が下書き状態(非公開)のままでした。
どうもすみません。
[PR]
by ariga_phs | 2010-03-21 23:59 | 歳歳年年

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル