<   2010年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

5/29-31
29, 30の二日間、東京海洋大学(品川)にて科学史学会。
結果的に、学会の運営そのものはとてもスムーズでよかった。

自分の発表については、最低限の内容にはなったのではないかと思う。
しかし今回は、余裕と自信がさっぱりなかったのがパフォーマンスにはっきり出てしまった。
そのあたりも反省材料にしたい。
頂いた質問・コメントは二つ。
一つは、ニュートン流の極限の微積分がなぜ一般的ではなかったのか、ということ。
この質問自体が一つの誤解に基づいていると今の僕なら感じるわけだが、
普通の感覚ではそう思うのがむしろ当然だろう。この質問を頂いたことで、
博論の最初でライプニッツ流の微積分について概説する必要がある、という確信を得たし、
数学の話と力学の話を合わせて議論すべきだという感を強くした。
もう一つの質問は、音速の問題でラグランジュが正確な結果にたどりつけるとは思えないのに
どうして彼は計算結果と経験の一致ということを言うのか、という点。
問題の文言がそもそも音速の話なのかどうかということは措くとしても、
案外重要な論点になりそうな気がするのでもう少し考えてみる必要がありそう。
どうもありがとうございました。

二日目午後のシンポジウムはフランシス・ベイコンに出席。
本来なら18世紀の話に出るのが筋とは思うが、同じ時代だとだいたい雰囲気が
わかってしまうところがあるのと、17世紀の見え方が自分の中でだいぶ変わってきて
いっそう興味を持つようになってきたのとで、こちらを聴きに行くことにした。
よくわかったことは、この人物の場合実にさまざまな読み方が可能であって、
おそらくはだからこそ後世に大きな影響を与えたのだろうということ。
(その意味ではニュートンによく似ている。)
そこからすると、僕としてはやはりベイコンの受容というところが一番気になる。
しかし同時によくわからないのはこの人物の知的背景で、
いったい何をベースにして自分の考えを発展させたのか、もう少し言うと
この人のオリジナリティは具体的には何だったのかがまだ漠然としているように思う。
あと、僕の研究テーマとの関係から言って衝撃的だったのは
ベイコンが質料に量と力を想定し、形相を法として捉え直した(らしい)という点で、
これが本当ならアリストテレス主義から機械論哲学への移行以外の何物でもないと
思うのだがどうだろう?

その他、聴いた発表で特に印象深かったものをいくつか挙げてみる(自分用の覚書)
・B21: 総合学習としての科学技術史、にはまったく同意見。
・B22: 要するに「研究不正」の社会的構成。なるほど確かに。
・A51: 「時間的力」と「空間的力」か。D・ベルヌーイはやっぱり重要だな。
・B62: 医学にとって理論とか伝統というのは何なのだろう。/そうか、こういう発表形式もあるか。
・A73: つくづく面白い題材だな、と思う。それにしても、表現は構造を保証する、のか?
・B81: 菊池がトライポスを受けていたのは知らなかった。Warwick を読まなくては・・・。

日曜夜は打ち上げの後、Sさんのところに泊めていただいて(いつもありがとうございます)、
月曜は一日休息。すっかり回復したので明日からまた働きます。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-31 23:59 | 歳歳年年

2010/5/28
4限、セミナー。
Bさんが量子力学の多世界解釈に関する話をする。なんだか懐かしい。
・"quantum suicide" は実はかなり根本的な問題提起ではないか
・要するに before とafter に一種の非対称性がある、というところが問題のようだ

発表準備は一応終わった。
これでもまだ完璧とはとても言えないが、時間切れ。まだまだ未熟だということがよくわかった。
あとは発表の練習をしよう・・・。

--------

明日・明後日と学会なので、日記はまた帰宅後に。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-28 20:57 | 歳歳年年

2010/5/27
昼間、学会発表の作り直し。
まだ終わっていないが、ずいぶんわかりやすくなった、と信じたい。

5限、リレー講義聴講。前回の、イギリス国籍法の話の続き。
そうか、1950年代くらいまではまだ帝国のつもりだったのですね。
それでいろいろと納得がいった。
でもやっぱり、ひたすら説明が続くと普通の学生には辛そうだ・・・。

その後、ドイツ語の授業に行くも、強烈に眠たいし疲労困憊だし、で
さっぱり身に付いた感がせず・・・。

とにかくこれは疲れすぎていると思うので、思い切って寝ます。
発表準備はたぶん、明日で何とかなるはず、、、はず。


--------

パル(ペンギン)の今日の日記が凄いことになっているので転記。

「さいきんおぼえた: 完成 キルヒャー 余裕」
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-27 21:46 | 歳歳年年

2010/5/26
午前、睡眠。ただ、思ったよりも早く起きてしまった。

午後、読書会。『解析力学』の続き。
久々に読み返してみているが、やはりこの本はこの本でだいぶ変だ。
本当はこれの下訳も作らないといけないのだがちょっと今は余裕がない。

夕方、読書会。『自然の占有』第3章と第4章第2章と第3章。
チェージとキルヒャーについて初めてまともに知る。
あと、ヨーロッパ大陸とイングランドの学識者文化の対比が印象的。

夜、取り寄せていた本のコピー作業。
この忙しいときに、という感じだが、今週中に要返却なのでやらざるを得ない。

学会発表の準備をする時間が今日なかったのは想定の範囲内。
さて、残りあと2日。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-26 23:30 | 歳歳年年

2010/5/25
昨夜は結局、明け方まで発表の作り直し。
睡眠時間は3時間強、珍しい・・・。
起きてからさらに手を加えて昼過ぎにようやく完成。
夕方、明日の読書会のテキストを読む。
途中で何度も仮眠を挟んではいるが、さすがに眠い。
しかし幸いテキスト自体は面白い。

夜9時半より、学会発表の再度の予行演習。
同じく予行演習をするSさんのほか、IさんとSさんが来てくれた。感謝。
で、結果は・・・、

・・・うん、

やっぱりそうですよね、ええ、

ということで、・・・

もう一回作り直します(!)
時間がなくて正直しんどいけれども、こんな完成度では発表できない。
幸い、落とし所はだいたい見えてきたことだし。

それにしても本当に、学会発表っていつからこんなに大変なものになったのだろう。。
物事を知らない、というのは強かった、ということか。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-25 23:59 | 歳歳年年

2010/5/24
3限、ガリレオ。
もはや当初この授業に出ることにした理由はなくなっているのだが、
まあこれも勉強のため、ということで・・・。

で、その関係でクラヴィウスという人物がどうしても気になるので、
James M. Lattis著、Between Copernicus and Galileo という本を借りて
最初の章だけざっと読んでみた。
結果、この著者の問題関心の持ち方には相当共感するものがあるので、
そのうち(っていつだろう)全部読んでみたいところだ。少なくとも、
そのうち(これはなるべく早めに)簡単な人物紹介くらいは作ろう。
・・・と、本当ならそんなことをしている場合じゃないのだが。

目下、学会発表内容の作り直し中。今夜のうちになんとかしたい。
この前の発表練習を踏まえて、少し文章量を増やしてみる予定。


【追記】
根本的なミスに気付いて愕然とする。
それによって発表内容が云々とかいう以前に、そのミスは普通あり得ないだろう・・・。
昨日といい今日といい、これでは自己不信が募る一方だ。。。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-24 21:39 | 歳歳年年

2010/5/23
La science contre l'opinion 読書会。
今回は17-18世紀の科学とpublicの話。ちょうどいま関心を持っているあたり。
あと、考えてみたらNさんとこういう会をやるのは実質的に初めてだった。
やはり言われることが鋭い。

帰宅して、久々にまっとうな夕飯を作って食べたら、集中力がぷっつりと切れてしまった。
この気分では仕事にならない。参ったな・・・。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-23 19:46 | 歳歳年年

2010/5/22
現代科学史勉強会。
バイオテクノロジーって別に分子生物学のことじゃないんですよ、という話と、
解析ってつまり古の秘術のことですよね、という話。
いろいろと勉強になるし、3回生が二人来てくれているのも嬉しいところ。

勉強会後に少しアルコールを摂ったら一気に疲れが出てきた。早く寝よう・・・。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-22 22:58 | 歳歳年年

2010/5/21
セミナーの時間を3限だと勘違いしていた(本当は4限)。
ここ数年ずっと3限に行われていたからで、未だに間違う。

それはともかく、学会発表の内容を一度喋ってみた。

・要するに「それを『極限』と言ってよいのか」が一番問題になったのだが、
この点について議論しだすとこれはこれで一回分くらいの発表が簡単にできてしまうわけで、
ここをひとまず問題にせずに話を進める方策をなんとか考えないといけない
(今回の発表の趣旨から言えば、それを極限と呼ぶかどうかは本質的な問題でないので)。

・15分で喋るには話が大きすぎるという感は確かにあるのだけれど、
しかし自分が論じたいのはこのレベルの話であってこれ以下ではない、
というところはやはり譲れないです。

・スクリーンに映してみたら思いのほか見にくかったというのは確かなので、
デザインも考え直さなくては・・・。

しかしひとまずこれは月曜まで置いておくことにする。


--------

断続的に読んできたカッシーラーの『啓蒙主義の哲学』をようやく読了。
自然科学から始まって、宗教や歴史、社会科学から最後は美学にいたるまで、
それこそいたるところで話がつながっている(少なくともそう見える)のが恐ろしい。
しかしその感覚は18世紀のことをやっていると確かに感じられるものであって、
誤解を恐れずに言うと、だからこそ僕はこの時代が面白いと思うのだ。
とはいえ、もちろん個々の分野でわからないことは山ほどあるわけで、
たぶんこの先も、この本は何度も読み返してみるべきだろう。

さて、気分を入れ替えて明日の勉強会のレジュメを作らなくては・・・。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-21 21:07 | 歳歳年年

2010/5/20
まったく予想通りなことに、午前中は疲れ切って動けず。

5限はリレー講義の聴講。
今回と次回はイギリスのナショナル・アイデンティティに関する話
(という理解でたぶんよいのだと思う)。
個人的にはずいぶん勉強になったが、聞いていた学生さんのほうには
よく理解されていないところも多かったようだ。

その他、明日の発表準備(いちおう出来た)とか明後日の勉強会の勉強とか語学の授業とか。

やっぱり朝起きられないと余裕を持って仕事ができない、と感じる。
[PR]
by ariga_phs | 2010-05-20 23:59 | 歳歳年年


Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル