<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2010/10/30-31
とりあえず原稿は無事に提出。これでまた一つ片付いた。

土曜:Kohler読書会、第5章。
ある新興分野の研究グループが各地に出来ていった結果、
もともとの拠点で行われていた情報交換をほぼそのまま拡張する形で
何らかのメディア(雑誌とか、最近だとML?)が発生する、というのは
わりと普遍的な現象なのではないか、と。
あと、ツールを作るということ自体が科学研究になる、というのもポイント
(個人的には科学史を考える上で極めて重要と思う論点)。

日曜:科学論技術論研究会。
前半、アメリカの製薬産業の話。
一度ちゃんとこの方面を勉強したいと思っているのだが未だ手を付けられていないので、
僕としてはとても興味深く、また勉強になった。
ひとまず引用されていた日本語の本でも読んでみようか。

後半、Sgさんの発表。
最後にStさんが、この話には二つ論点があるということを指摘されたが、
案外この二つはペアなんじゃないかと思わなくもない。
つまり、科学者コミュニティのアイデンティティ形成というのは往々にして、
一般の人々を他者として置くことでなされるのではないか、と。
(というのが、僕がポピュラー・サイエンスの歴史に関心を持っている主な理由なのだが。)
しかしそれはそれとして、毎回思うけれどSgさんの研究には圧倒される。
アーカイヴ調査ってこういうものですよね、本来。

研究会後、失礼して帰宅し、論文を書き始める。
・・・なんかこれ、物凄くいいものになるんじゃなかろうか。査読誌でないのがもったいない感じの。
毎回同じようなことを言ってる気がするが、たぶん今回は本当に。
しかし間に合うのか。いや、当然間に合わせますが。
[PR]
by ariga_phs | 2010-10-31 23:59 | 歳歳年年

2010/10/29
いつ以来だ、という感じで、研究室セミナーに出る。
科学的実在論に関するOさんの発表。
僕はもうすっかり科学哲学に関しては素人になってしまったが、
素人判断でよければ今日の発表内容はとてもよかったと思う。
着想にせよ論の運び方にせよ、よく出来ているしわかりやすかった。
今後に期待。

翻訳をもう一度綿密にチェックし直したら、案外ミスがたくさん見つかった。
細かい抜け落ちとかはまあともかく、パラグラフが一つ抜けてるってどうなのだ
(これまで二回読み直したのに気が付いていなかった・・・)。
締切まであとちょっと、集中しよう。
[PR]
by ariga_phs | 2010-10-29 23:59 | 歳歳年年

2010/10/28
久しぶりに大学へ。この間そんなに変わったことはなさそうな雰囲気。

Sさんの授業(リレー講義)を参観する。
話し方とか素材とか段取りとか、さすがだなあという印象。
分量や授業のスピードなども含めて、参考になることが多い。
ただ彼女の喋りをもってしてもやはり、
ずっと話しっぱなし/聴きっぱなしはしんどそうだ。
本人も課題と言っていたけれど、トークで引っ張る以外の方法で
学生の集中力を切らさないようにする手段を工夫する必要がありそう。

相変わらず生活リズムが戻らず、連日明け方くらいにならないと眠れない感じ。
そろそろなんとかならないものか。
[PR]
by ariga_phs | 2010-10-28 23:59 | 歳歳年年

2010/10/25-27
今週末締切の仕事2つは案外すんなりと片付きそう。
問題は来週金曜締切の3つ目だな。

風邪は9割強治ったものの、あともう少しのところで治りきらないのが気持ち悪い。
ぶり返さなければよいのだが・・・。
[PR]
by ariga_phs | 2010-10-27 21:13 | 歳歳年年

2010/10/22-24
本格的に風邪・・・。。

金曜:大学に行こうといったん出かけるも、あまりにしんどくて引き返す。
"Café Kuhn" をまたしても直前にキャンセルして(本当にすみません・・・)
夕方、病院に。幸い、インフルエンザその他の面倒な病気ではないらしい。
深夜から翌日(土曜)の日中にかけて、処方された薬の副作用(たぶん)でさらにダウン。
土曜:ほぼ終日寝込む(副作用らしき症状は幸い丸一日くらいで治まった)。
今日(日曜):午後の研究会をキャンセル。さらに寝る。
夕方あたりからだいぶましになってきたような気がする。
それでもまだ熱っぽいし鼻づまりがひどいのだが。

帰国後すぐに体調を崩したこともあって、いまだ時差ボケが治っていない気がする。
ここ数日、夜中ほとんど眠れず、明け方過ぎに寝て昼過ぎに起きるというパターン。
風邪が完治するまでこのリズムを直そうとしないほうがよいかもしれない・・・。

とはいえ、いいかげん明日からは仕事します。
月末(次の週末)締切のものが二つあるのでもう間に合わない。
[PR]
by ariga_phs | 2010-10-24 20:38 | 歳歳年年

2010/10/20
案の定、風邪を引いた…。
明日もう一日休んで早く治したほうがよさそう。。
[PR]
by ariga_phs | 2010-10-20 20:45 | 歳歳年年

2010/10/19
帰ってきた。
珍しく時差ボケがひどそうな上に、気温差がしんどい
(ベルリンは最高気温が10℃を下回っていた)。
とりあえず休もう・・・
[PR]
by ariga_phs | 2010-10-19 19:29 | 歳歳年年

前口上
【このブログについて】(この記事は常に一番上に表示されます)

詳細はこちら
[PR]
by ariga_phs | 2010-10-19 00:00 | information

2010/10/16
I've finished my work in Berlin, and in Germany.
The result was..., not bad, I believe.

Especially in this last week, I was mainly comparing texts,
e.g. manuscripts and published articles,
or two different editions of the same book.
This is actually a restrained work ("jimi" in Japanese),
maybe tiresome for other people.
But I found it quite interesting (and even fascinating)
to compare two materials almost word by word.

After going back to Japan, I'll be busy about two weeks
to do many tasks (including three deadlines!)
I don't want to go back...

Tomorrow (Sunday) is the last holiday,
and I'll take a flight on Monday (about 12h).
Probably this is the last article from Germany.
It was really a valuable experience.
Now I only hope to arrive in Japan without an accident...
[PR]
by ariga_phs | 2010-10-16 21:30 | 歳歳年年

2010/10/12
First visit to the Staatsbibliothek at Unter den Linden.
The Library consisted of two buildings (in different locations),
and so far I went only to the one at the Potsdamer Straße.

My purpose is to consult a textbook of mechanics written by Ch. Wolff.
Although the revised version is today available by its facsimile edition,
I've not seen the first edition (probably no copy is in Japan).
To my surprising, there are more differences between two editions
than I expected. Since I'm mainly interested in the first edition,
these differences are highly important.
I'm intend to visit once more the Library in this week.
[PR]
by ariga_phs | 2010-10-12 21:27 | 歳歳年年


Vivre Comme Ornithorynque.
筆者プロフィール
有賀暢迪(1982年生)
科学史家。筑波在住。
ウェブサイトはこちら
カテゴリ
最新の記事
生存確認
at 2013-08-10 21:15
橋本毅彦『近代発明家列伝』
at 2013-06-15 21:32
オディロン・ルドン 夢の起源
at 2013-06-08 21:46
量子の地平線
at 2013-06-02 15:58
仕事
at 2013-05-07 21:26
その他のジャンル